ブライダルエステの体験時にあると便利な持ち物

ブライダルエステの体験に初めていくという場合、何か持ち物が必要?服装はどんな感じ?など気になる点がいろいろあると思います。
まずは、体験に行く時に、あると便利だったな~と思ったものをまとめていきますね。

1.結婚式までのスケジュールがわかるもの

体験時に一番これがあると便利だな~と思ったのが、結婚式の予定を含め、それまでのスケジュールがわかるものです。
ブライダルエステの体験に行くと、最初のアンケートみたいなものに、まず結婚式の予定日を書きます。

そして、体験後のプラン提示など気に入った場合、契約した上で、先の予約まで全て取って帰ることもできるんですね。 その時に、この日は予定があるなとか、この日なら大丈夫という日程がわかるとすごく便利なんです。 (結婚式の準備って忙しいので、重要な予定だけでもわかると予約が取りやすいのですね。) 体験に行き、その場ですぐ契約→予約抑える なんて展開が早すぎじゃない?って思うかもしれませんが、ブライダルの場合、急いでいる人も多いですし、安い予算を提示してもらったりしてあっさり即決する人がとても多いんです。 おまけに先の予約も混みがちなので、スタッフさんが取れなくならないようにと、予約状況を考えて、先取りしてくれるパターンに大体なります。

予約は早いもの勝ち?ブライダルエステの予約が混む理由

私はこれを全く知らずに行ってしまったので一応予約は取ったけど、後で予定被りがあって変更がちょっと面倒でした。 なので少なくともこの日はダメという予定がわかる写メだけでもあると役に立つと思います。

2.ドレスのタイプがわかるもの

絶対必要ってわけではないけど、どんなケアをしたらいいかわからないとか、しっかりボディケアをしていきたいって考えている人は、プロならではのアドバイスが受けられるのでドレスのタイプがわかるものがあると便利です。 試着の写真とかがあると、二の腕や背中のはみ肉、どの程度絞りたいかなど、見た目の気になる部位が分かりやすいかも。 どんなプランを選ぶべきかの参考になるので、携帯写真などがあると便利です。

現金・クレジットカード

契約するのかわからないのに多額の現金などは必要ありませんが、体験料金の支払いとは別に現金やクレジットカードがあると契約したくなった時に便利です。

と、言っても、全額その場で支払わないといけないっていうサロンはそんなにないかも。
私の場合は、施術も気に入り契約を決めたとき、その場で1,000円ほど内金を支払って契約しました。(安かったのと早く予約をおさえたかったので。)
こういう風に体験時に少しの支払いで契約(後日残金支払い)することもできるサロンもあります。 (※ただ、納得できないうちは契約を急ぐ必要はないですよ。)

運転免許証等の身分証明書

大手エステに多いのですが、体験時に身分証明書の提示を求められるエステがあります。 身分証明書が必要な場合は、申し込みページに注事項として大体記載やサロンからの連絡で指示があるので、その場合は持参しましょう。

メイク用品

フェイシャルを受ける場合はクレンジングなどで完全にメイクを落としますし、痩身の場合でもかなり汗をかくので大体メイクは落ちちゃいます。 ですので、メイク用品は持って行った方が良いでしょう。

サロンによって基礎化粧品やメイク用品、ドライヤーやヘアケア用品が置いてあるところもありますが、普段使うメイクは持ってい行った方がやっぱり無難。 体験に行くときに意外と忘れがちなので注意してくださいね。

アクセサリー類やコンタクトは外してくださいと言われるのでコンタクトレンズの保存ケースなどは持って行った方が良いです。
タオル類はお店にあるので気にしなくて大丈夫ですよ。

ブライダルエステの体験に行く時の服装は?

体験時は服は脱いで紙ショーツなどに着替え、バスローブ姿になるので、基本的に洋服はどんな服装でも大丈夫です。 ただ、脱ぎ着するので、普通程度に着替えやすいものだと楽かなと思います。
個人的にキツイワンピースなど脱ぎにくい服を着て行ったときだけはちょっと面倒だなと思いました。

ムダ毛処理も忘れずに

脱毛済みの花嫁には関係ないでしょうが、私がよく忘れてしまいがちなのが、ムダ毛処理。
施術してもらうわけですし、別にエステティシャンにカッコつける必要はないのですが、最低限の処理はしておきたいところ。 たまに完全に処理を忘れていて、はい、腕を上げてくださいなど、予想外の恰好をさせられたりしたときに恥ずかしい場合があります。 自分の気分の問題もありますし、ボディチェックなどもあるので、しておくに越したことはないと思います。

ブライダルエステの体験前にやっておくと良いこと

ざっくりと希望プランや予算の確認をしておく

体験時にじっくり聞けるので、アバウトでも構わないのですが、ざっくりHPをチェックして、プランの内容を軽くチェックしておくと良いです。
これだけは受けたいという希望メニューに目を付けておく程度でも良いかも。 また予算はこのぐらいというのはと決めておいた方が良いですね。

体験時に、その場で、どのメニューが希望か、予算などを聞かれるのですが、特に希望や予算がわかっているとむこうもプランを提示しやすいし、予算ピッタリや予算+αだとこんなことができますよ~という点も教えてもらうことができて、より深く話をすることができますよ。
もちろん何も準備せず体験で話を聞いてから一度持ち帰って考えるというのでも構わないですけどね。
急いでいる人の場合は前もって理解しておくと話が早いです。

聞きたいこと・相談したいことをまとめ

他のエステと比較するためにも、わからないことは体験時に聞いておいた方が良いです。
質問の例としては

・入会金はかかるか?
・プランの総額がいくらになりそうか?(これについては向こうから提示があると思いますが)
・どのくらいのペースで通えるのか?
・支払い方法
などです。

忙しい人や時間が限定されてしまうという人は、どういうスケジュールで通うかというところも相談しておくと、通いやすいかも判断しやすいですよ。

エステによって、短期で週に何度も通えるところがあったり、週1回、2週に1回など通えるペースは、いろんなパターンがあるので、通い方もチェックしておきましょう。

心構え編

最後に、という人のために、体験に行く場合の心構え(主に返事の仕方)について書いておきます。 ブライダルエステが初めてという人はちょっと緊張する場かもしれませんが、ブライダルは、料金も含めてカジュアルな雰囲気で行けるメニューです。

初心者さんが戸惑いがちなのは、最後にプラン提示やおすすめキャンペーンの紹介があった上で、どうでしたか?と聞かれるところかもしれません。
とても気に入れば契約すれば良いですし、一旦保留したり、他とも比較したい場合は、「他のエステの予約も入れているので○日までにお返事します」 という風に答えれば大丈夫。

参考記事:⇒ブライダルエステの勧誘の実態は?即答の必要はある?

契約日から8日以内であればクーリングオフ(契約を撤回)もできます。
祝福されながら施術を受けられるムードですので、ぜひ施術体験を楽しんでみてくださいね♪

このページの先頭へ