どうする?花嫁の指先!ブライダルネイルってどうか?

【意外と見られる機会が多い?花嫁の手&指の先】
花嫁は、顔に背中に・・とケアが大変ですが、意外と忘れがちなのが、爪のケア。 結婚式では、 キャンドルサービスで手を伸ばしたり、指輪交換、写真撮影もあるなど手が見える機会も多いです。
、 何より結婚式なので、自分的にも爪までキレイな方が気分が良いですよね。 お金をかけるかどうかはともかく、 手はしっかりムダ毛を処理しておくことはもちろんのこと(笑)爪の先までお手入れしておくのは必須です。

最近は、まだ歴史は浅いながらも”ブライダルネイル”というメニューもすっかり定着しているのでネイルサロンなどでも気軽に受けられるようになっています。

自宅?ネイルサロン?ブライダルネイルどうするか?

【自分でケアする派VSネイルサロン派】
結婚式のネイルは、自分でケアする派とネイルサロンに行ってやってもらう派に分かれます。
自分でケアする!という人は「自分のケアだけで十分綺麗にできる」「ベーシックなケアのみでネイルアートまでは要らないかな」という人が多いです。 ケアだけサロンに行く人も。(甘皮をとったり、ケアだけでもだいぶ違うみたいですね。)
中には、自分で少し簡単なアートしてみた!市販のネイルチップでやったという器用な人もいます。
確かに、ドレスを派手にしたり、他の部分を十分ケアしたということであれば、”ネイルはシンプルに淡い色&光ってるだけで十分素敵”という考え方もあると思うので、そこは個人の考え方次第でしょう。(他にお金を回したいという人もけっこういます。)
ただし、爪の手入れを全くしないのはNGなので、自分でのお手入れはしておきましょう。(爪の処理&爪磨き+ネイルでかなり変わります。)

サロン派の人は、「結婚式なのでやっぱりここまで完璧にしたい!」「プロのケア&アートで満足いく仕上がりにしたい」 などこの機会にやっておきたという声が多数。
「普段あまり出来ないので、気分が盛り上がって楽しかった!」「姫願望が叶って満足♪」 と実際にやってみて気分があがったという人が多かったです。
またプロのケアはやっぱり違うという声もあるので、ケアだけでも行ってみるのも良いかもしれないですね。
ネイルサロンでやってもらう場合、つけ爪(チップやジェル)を利用する場合と自分の爪でやってもらう場合などいろんなパターンがあります。
シンプル系にするのか、アートで凝ったものにするのか?またつけ爪の場合、取れないか?(手袋外したりするとき)などいろいろな検討ポイントがあるので、 リサーチしたり、ネイルサロンの人に相談してみましょう。(サロンに行ったからといってごてごてにする必要はありません。シンプルなものだったり、大人なものを選ぶ人も多いです。)
深爪や爪に自信がない人手も綺麗に仕上げてくれるとの口コミもあるので、クーポンなどで安くお試ししても良いかもしれませんね。
ちなみにハンドケアなども一緒にやってくれるところもあります。

【いつサロンにいくか?】 数日前~前日に行く人が多いです。 どんなネイルにするかにもよるので、相談してみましょう。

【ネイルサロンのブライダルネイルの料金】 1万円代という人が多いです。 凝った物だとそれ以上かかることも。
けっこう安いところだと数千円代もあると思います。

このページの先頭へ