小顔ケアの方法とブライダルエステの小顔ケアの内容と効果を口コミ

ブライダルでニーズが高いのが小顔ケアと言われています。
ドレスや和装でも髪をアップにするから顔のラインは目立ちますし、 写真もたくさん撮られるので、花嫁ならできるだけフェイスラインの引き締めやむくみもとって、少しでも小顔に!と思いますよね。

実際、しっかりやればその分効果も早く期待できるのが小顔ケアなので何もしないのはもったいないです。

ここでは、体験談も含め、小顔になるケアの方法やブライダルエステの小顔ケアについての内容や効果なども含めて口コミレポートしていきたいと思います。

小顔ケアの方法1~自宅での対策

まずは、お金がかからない自宅ケアから。

体重がアップ気味の人や顔がむくみやすい人は、結婚式に向けて少しダイエットしたり、食事に気を付けるだけでも小顔効果は得られます。(経験上、駆け込みでもけっこう変わるのでお試しあれ♪)

特に野菜や果物中心にしてお菓子などの塩分や糖分を控えめとすると水分が排出されやすく、顔がすっきりしやすいです。

それ以外にも半身浴、タオルパックなどで体や顔の血行を良くする、自分で顔のリンパマッサージを行うのもおすすめです。

エステに行っていても直前期は小顔をキープするためにも自宅でのケアは大切になってくるので生活習慣を整えておきましょう。

小顔ケアの方法2~ブライダルエステでの小顔施術

もうひとつの方法は、ブライダルエステでの小顔ケア。

今は小顔リンパマッサージはもちろんラジオ波などの機械、小顔矯正までいろんなタイプの小顔エステがありますし、ブライダル用の短期コースがかなり充実なので、結婚式の仕上げに受けない手はないです!

実際にブライダルフェイシャルでは特に人気のある施術です。

ブライダルエステの小顔メニューの内容と効果

ブライダルエステの小顔メニューについてもう少し詳しく書いていきますね。

ブライダルエステの小顔メニューの内容

ブライダルエステでの小顔メニューには、大まかにいって、ハンドマッサージ、機械、小顔矯正3種類があります。

ハンドマッサージでの小顔ケア

表情筋やツボに働きかける小顔リンパマッサージで余分な水分の排出を働きかけたり、脂肪、コリをほぐすタイプの顔やせマッサージなどが主流。
じっくりほぐしたり流したりするのでリラクゼーション効果もあります。

ハンドマッサージのメリットは、顔だけじゃなく、つながっている頭皮やデコルテ、肩周りも範囲に含まれることが利点。 周辺のコリやつまりがとれることで、顔回り全体をすっきりとさせることもできます。
ハンドで細かいところまで施術するので、額や頬周り、小鼻の周りなど本来の位置に戻るような造顔マッサージなどもあり。

機械での小顔ケア

電気や吸引や振動で刺激を与え、むくみを解消、表情筋を鍛えてハリを出すタイプや、RFなどの熱を加えて引き締めるタイプなどがあり。
最近は高周波の機器などで肌内部に熱を加え、かなり小顔効果が期待できる機械も出てきています。

小顔矯正

芸能人が通っていたりすることもあり、SNSなど見ていても人気が高いのが小顔矯正。
小顔矯正は、歪みや筋肉を本来ある位置に戻して、整えるといった施術で、 ブライダル用の小顔矯正(美容矯正)サロンも割とあります。
矯正で気になる点は痛みですが、その分効果も期待できるようで、ミリ単位で顔が変わった!といった口コミもあります。
頬骨やエラなどの歪みが気になる人は試してみると良いと思います。

ブライダルエステの小顔効果を口コミ

小顔エステの効果については、全体的にネット上でも評判は高め。
特に一度受けるとハマる人も多く、定期的に行きたーいという声がたくさん♪
毎日見る顔部分だけに、美容に敏感な女子は1回でも違いがわかりやすいようです。
フェイスラインなどの小顔、特に頬と顎回りの効果にびっくりしたとの声が多かったです。

デメリットは痛みなようですが、痛かったけど効果あった!という声がとても多いです。

もうひとつの特徴は、小顔だけでなく、デトックス効果や美肌効果などの周辺効果についての口コミがあること。 どの効果も結婚式前に得られるとうれしいものです♪


ちなみに個人的意見ですが、私が感じた小顔ブライダルエステの効果は以下です。

・フェイスラインと顔全体がすっきりして、むくみも解消された
・あごまわりがシャープになって、綺麗な逆三角形ラインができた
・血行が良くなるので、くすみが解消され、肌が綺麗に見える、化粧のりが◎
・顔だけじゃなく、デコルテまで流すので肩やデコルテ、首周りもすっきり見えた
目元の腫れぼったさが取れて、顔のパーツが整った
効果には個人差はあります。

最初、小顔ケアは自分でもできそうだから受けなくてもいいかな~なんて思っていたのですが、実際に受けてみてびっくり。小顔+αの効果がすごかったんですよね。

というのは、小顔ケアは、このケア1つで、フェイスラインなどのたるみや顔全体の大きさに効いたのははもちろんのこと、私が悩んでいた目元の腫れぼったさ顔全体のむくみ、美肌、肩こり解消など、いろんな部分に効果があり、とにかくメリットがたくさんだったからです。 リーズナブルなのに、コスパがすごい!というか、受けないと損だと思ったほど。

小顔だから、顔だけでしょって思っていたんですけど、プロのエステだとそこからやるの?というぐらい頭皮などの周辺からアプローチしていくので自分だけでやるのとは全く違いました


とにかく顔がすっきりして、自分史上、かなり良い顔のコンディションに持っていくことができたので、特に結婚式のようなイベント時にはとても向いている施術だと思いました。


ちなみに、私が小顔ブライダルエステを受けた体験レポートは以下です。こちらも参考にしてくださいね。

→◆写真付き!美4サロンで小顔体験受けてきました

ブライダルエステの小顔の料金と回数

花嫁はいろいろ美容もしないといけないし、予算についてはどうしてもシビアになりますよね。

小顔ブライダルエステはどのくらいかかるのでしょうか?

お試しプランであれば、大体5,000円程度

コースの相場は、1回1万~2万円程度です。
ブライダルだと1万円を切って数千円で受けられるところもあるので組み合わせるのに敷居が高くないメニューだといえます。

1日プランで小顔が入っていたり、1か月弱の短期プランでも小顔コースが選べるところも多いです。

小顔メインのコースもありますが、大体は小顔と他のメニューも組み合わさっていることが多いので、希望する他のケアと一緒にやればトータルコストも抑えることができます。

1日プラン(小顔+他のケアと数種類セットのパターンが多い)→2万円台
3~5回の1か月プラン→3~5万円台


ブライダルエステの小顔ケアの回数は?

希望する効果にもよりますが、効果を定着させることを考えると、理想は単発利用より複数回受ける方が良いです。

エステティシャンに聞いたところ、3回くらいは来て頂きたいとのとでしたね。

ですが、私は正直1回だけでも効果を感じたので予算なければ直前だけでも全然アリかと思います。

小顔ケアは結婚式の何日前に受けるべき?

せっかく小顔ケアを受けるので、いつまで持つのか?というところはとても気になりますよね。

人にもよりますが、効果は2、3日~1週間くらいまでは効果はある程度持続するといわれます。(リンパが流れるのに時間がかかるので後から出る効果も少しはあります。)

ちなみに、某ブライダルエステサロンのスタッフさんによると最終回の小顔ケアは1日前~2、3日前が一番人気だそうです。

個人的なオススメはやっぱり前日か2日前くらいです♪

ただ、エステサロンによって結婚式の○日前までという決まりがあったりするので、それによっても変わります。普通のエステだと結婚式の5日前~前日までと決まっているので確認しておきましょう。

お試し体験の時などに、効果がどのくらい持続するか自分でよく鏡を見てチェックしておくと良いですよ。(人によっては数日後に一番出るパターンもあるようなので。)

ブライダルエステに行くと大体カウンセリング時に、結婚式がいつで、最終ケアをいつに設定するのかという相談は最初からしておくのが一般的なのでこれについてはエステで相談するのが一番早いでしょう。(なので早いうちから予定を抑えましょう。)

ブライダルエステの小顔サロンをピックアップ


美4サロン
ブライダル専門エステの美4サロンには、小顔メニューあり。
東洋医学に基づいた顔筋マッサージで、タルミ・歪み・むくみをケア!頭皮からの念入りマッサージで私もかなり効果を感じました。 このサロンは、前日までの施術がokなので、そのまま結婚式に臨めるところも良いですよ。
ただ、リーズナブルなため、人気がありすぎて、予約を抑えるのが大変なので、希望するなら体験は思い立ったらすぐ申し込んでくださいね。(体験も余裕を持って申し込まないと2、3日前だと取れないから数週間前でいいかも。)

写真付き!美4サロンで小顔体験受けてきました



ミスパリ ミスパリのブライダルエステの「ティンカーベルコース」はフェイススリムをメインにしたコースデコルテからフェイスラインまで徹底ケア。 目力アップ立体感のある小顔を目指すコースです。
ここはエステティシャンの技術がしっかりしているので、脂肪をほぐしの引き締めマッサージにも期待ですね。 こちらは予約取りやすいです。
店内が豪華なことでも知られるのでリラックス効果もあり。
ブライダルコースだと高いかなっていう人は、単発のスペシャルコンビネーション(フェイシャル)もありです。 これは単発で結婚式前日まで利用可能。


このページの先頭へ