ブライダルにも最適!シーズラボの背中ニキビ・シミコース取材レポート

シーズラボの背中ニキビシミコース体験見てきました



結婚式のウエディングドレスのポイントのひとつは、やっぱり後ろ姿。
背中の空いたデザインがほとんどだし、ドレスの美しさがアピールできるということで、バックショットの写真撮影も多いですよね。
私もかなり振り返り写真撮りました。(笑)
そんな事情もあり花嫁が選ぶやっておいた方が良かったケア(逆にやっておけばよかった!という後悔)に毎回ランクインしているのが背中のお手入れ(ゼクシイ調べて2位というデータみたことあります)

ということで、今回は、背中ニキビのケアでトップレベルの施術が受けられる医師監修のエステ「シーズ・ラボ」で背中ニキビ・シミコースを取材してきました
この背中ニキビ・シミコースは、単体コースはもちろん、ブライダルエステのメニュー組み込むこともできて花嫁さんにもかなり人気メニューだそう。
都内で(もちろん全国でも)ここまでしっかり背中のニキビケアに特化したメニューをしているところはシーズ・ラボさんだけだと思います。

背中ニキビやシミに悩んでいる方は必見ですよ。
ピーリングや美白効果もあるイオン導入なども受けられるので、トラブルがなくても背中の調子を整えていくためにブライダルエステとしてこれを受ける人は多いそうです。 体験を見て取材してきたのですが、角質を取ってビタミンCを入れるとこんなに白く、ツヤ感のある肌になるんだ~とかなりびっくりしました。
経過写真を下に詳しく載せていますので、背中ケアって実際どうなのか?見たい人も参考にしてくださいね。

体験施術レポート

シーズ・ラボは、皮膚科医が開発したメニューが受けられるメディカルエステ。
特にニキビ、毛穴、シミ、たるみなど、皮膚トラブルに悩む人に人気のエステです。
結果重視で、肌別にオーダーメイドの施術が受けられることも大きなメリット。
今回の背中ニキビコースの場合、医師開発のボディ用ピーリング剤を、その人の肌に合わせた濃度、種類で使用して施術が受けられるから、肌奥まで浸透させることができ、一般的なものよりも効き目も早いんですね。
ということで早速コースの施術レポートを♪
シーズ・ラボ公式サイト

クレンジング・丁寧なウォッシング

まずはピーリングの入ったミルククレンジングとウォッシングフォームで角質をオフ。


しっかり泡立てたふわふわの泡に優しい手つきのソフトな感覚に驚くお客さんも多いとか。
スチーム当てながらなので暖かいし、毛穴も開きそう。
ふき取った後は、スプレータイプの霧状のシャワーみたいなもので洗い流し。(エステでは珍しいです。)
しっかり結果を出すための医師監修のピーリングなので、肌に残ってしまうといけないのでしっかり洗い流すそう。

ピーリング①ジェル状のピーリング

次はメインの施術であるピーリング。
ピーリングちょっと心配って人もいるかもしれませんが、 シーズ・ラボのピーリングは、医師監修で日本人の肌質に合ったもの
さらに、その人の肌質に合わせて濃度や種類も変えて様子を見ながら施術していくので安心度は高いですよ。 それでいて、ニキビ、シミなどお悩みに合わせてWのピーリングが受けられるから結果も出しやすい! 今回は、モデルさんの肌質をに合わせて、AHAピーリングとクリスタルピーリング(機械)を合わせて2種類のピーリングを行いました

以下は、まず1種類目。フルーツ酸などを使ったのジェル状のピーリングです。
オリジナルのピーリングを塗り、古い角質をオフして、新しい皮膚の再生を促していきます。
モデルさんが初めてだったので、濃度を上げず、比較的マイルドで美白効果の高い、保湿にも良いピーリング剤を使用したそう。
(ニキビの状態が強く出ている場合は別のピーリング剤とか、肌によって種類を変える。)
「大丈夫ですか?」など細かく状態を聞きながら置く時間なども調整しているようでした。 好転反応で少しだけムずかゆかったりすることもあるそう。今回はマイルドなので何も感じなかったそうです。

その後、丁寧にふき取ってから、またウォッシングしていき(2度目のウォッシング。すごく丁寧ですね。)、スプレーシャワーでしっかり流します。

ピーリング②~クリスタルピーリング

2種類目は写真のような機器を使ったクリスタルピーリング
これ、薬剤を使わないので、アトピータイプの人や敏感肌の人も使えるようですよ。
粉を吹きつけて凹凸を研磨するようなもの
私も腕にやってもらいましたが、ざらざらするような感覚で痛みはなかったです。

背中の全体に当てていき、古い角質をとったり、肌表面の凸凹を平らにしたりできるとか。 ジェルのピーリングの後なので柔らかく取れやすくなっているみたいでした。 これは、全体でもいいし、 皮脂腺が多くざらつきやすい背中の真ん中あたりに集中的にかけたり、これもその人に合わせて行います。 写真でもわかると思いますが、これ終わったあと、ちょっと赤みが出ていたので、痛いのかな?って思ったのですが、モデルさんいわく痛みはそんなになかったそうです。

イオン導入

次はビタミンCのイオン導入。
背中にガーゼをのせて、ビタミンCの美容液を塗り、 機械を使い、電気の力で浸透させていきます。 さらに浸透させるために、ローラーもかけ、美容液も何度も塗ってはコロコロと。とにかくたっぷりビタミンCを浸透させてくれるのがうれしいところ!
そしてこれを7分ほどおきます。なんかこれだけでぱっと肌が明るくなった感じでした。やっぱり結婚式前にいいかも!
ちなみにこの方法だと普通に手で塗るときの4倍も浸透してくれるそうですよ。

またこの導入する成分は、ビタミンCが基本のようですが、ビタミンC以外でもプラセンタがあり。 またちょっとお値段はアップですが、超音波導入もできて、ハイドロキノンやホワイト377など、シミや色素沈着に効果的な成分を導入することもできるそうです。超音波の場合は写真のようにヘッドが黒いこの機器でやっていくんだそうです。 またEGFの美容液も使えるとか。
導入するものもお悩みによって変えていくんですね。 なんかこのあたりから肌が白く、見ていてどんどん透明感がアップしてきている気がします。

海藻パックで鎮静と仕上げ


最後は海藻パック。
ミネラル豊富でお肌にとっても良いそうですし、鎮静効果が高く、ピーリング後の肌にもってこいだとか。 パックをペロっとはがしたら最後に仕上げのオリジナル保湿クリーム(ニキビやシミにも対応している)を塗って終わりです。
仕上げ後は、光沢がある白く、艶のある背中に
角質が溜まってしまうのでそれを取るだけでも綺麗に見えるようになるようですよ。

結果とまとめ

背中ニキビケアの体験をずーっと見ていて、どんどん明るくなってきてるなとは感じていたのだけど、結果写真がこれです。 やっぱり白くなってる!
古い角質が取れ、透明感、ツヤ感が出ていて、うるっとした感じになってますよね。

美白効果も ピーリングをやってイオン導入をしたあたりから、とにかく透明度が上がって、ケアしていないところとちょっと色が違ってみえたほどでした。
結婚式のドレスをこんな状態で着れたらいいよね~というお背中になってましたよ。→シーズ・ラボのコース詳細

これ、今あるニキビニキビ跡の色素沈着、シミにもとにかくオールマイティに対応しており、背中のトラブル全般に良いコースだそう。

また今トラブルがなくても、結婚式前に忙しくてニキビができたりしないように予防や、状態を整えていく意味で始める人も多いとか。
ちなみに顔のニキビコースも同じような段取りだそうで、ブライダルフェイシャルのニキビやトラブルお悩みにも良さそうです。




このコースをブライダルエステとして活用する場合のポイント

今回紹介した背中ニキビコースの内容はブライダルエステプランに取り入れることもできます。
ただ、内容的に 結果をしっかり出していくためのピーリングケアなので、直前すぎると行うことができないそうです。(好転反応も起きて、こもっていた老廃物が表面に出てくる場合も(吹き出物として)あるので。 (施術は1週間前まで)) ということで、式直前に1回利用とかはちょっと難しくて、何回か受けて調子を整えていくという利用法がオススメだそう。
ブライダルの場合は予約の件もあるので、早めに体験に行き、プランを相談した方が良いと思います。
シーズ・ラボのブライダルエステは、オーダーメイドも可能だし、パックプランでも今回紹介した「背中ニキビ・シミコース」(ボディスキンケアから選べる)はもちろん、それ以外にもフェイシャルプランやシェービングが組み合わせてプランニングできるので相談してみましょう
ブライダルエステの料金は4回46,500円からです。
ブライダルエステは顔か背中どちらかの体験ができるので、まずはそこからがいいと思いますよ。 →シーズ・ラボのブライダルコース詳細



【シーズ・ラボの施術コース2つを紹介】

今回紹介した背中ニキビコースは以下のものです。
シーズ・ラボの背中ニキビ・シミコース
料金:1回1万7000円+消費税 複数回コースで割引があり
体験 5400円

ブライダルプランの中にも背中ニキビコースが入っています。
ブライダルエステコース(背中ニキビコースも選択可能)
料金 4回46,500円から
内容:フェイシャルスキンケアやボディスキンケア(背中ニキビ、二の腕など含む)から選べるコース・オーダーメイドも可能
体験:顔か背中どちらか選べる体験 5000円


体験に行くとカウンセリングで相談に乗ってもらえるので興味があるコースで行ってみると良いと思います。 無理な勧誘もないエステなので安心ですよ。

このページの先頭へ